うな・せら・でぃ

絵が上手くなりたいな

『ありのままに描く人物画』感想

図書館本のレビューです。

 

写実系の人物画の本ということで借りてみました。

 

f:id:jahyang:20220208230306j:plain

Amazonの書評見ると、肩のデッサンがおかしいとか描かれたコメントもありますが、写真ように描く、そういう本じゃないと思います。

 

いかにも『芸大』という感じの作家様の自伝というか、絵に対する取り組みが詳しく駆られた内容で、技法書の類ではありませんでした。

 

モデルさんを雇い、アトリエで大作を描く。本当の意味での『画家』の方の生きざまの本でした。

 

自分は芸大美大を全部落ちた人間ですが、同級生、先輩後輩はみんなほとのど芸大美大に進学したわけで、こういう作家カタギの人達はたくさん知っています。

そしてものすごい才能があっても、裕福に左うちわな暮らしでもなく、死と隣り合わせのような苦悩の中で作品を出し続ける。

 

苦しければやめれば?じゃなく、つらくても描かないといられない、作品をつくるためにはどんな面倒くさいこともしてしまう人達。

やっぱ藝大とか行く人は違うんですよ、、、

 

自分はそれができなかったから、だめだったんだろうな。。ダメかダメじゃないのかわからないけど、、

なーんて、学生時代の苦悩を思い出したり、そんな感じでした。

 

マネできないね。